産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ

産業医学ジャーナル

産業医学ジャーナル 2024年 47巻2号(通巻273号)

【 3月号 座談会】

職場における化学物質対策を展望する -令和6年4月1日全面施行を前に-


  相澤 好治(北里大学 名誉教授)(司会)

  大前 和幸(慶應義塾大学 名誉教授)

  土肥誠太郎(株式会社MOANA 土肥産業医事務所 代表)

  斉藤 政彦(大同特殊鋼株式会社 統括産業医)

  橋本 晴男(橋本安全衛生コンサルタントオフィス 所長)

  松岡 輝昌(厚生労働省労働基準局安全衛生部 労働衛生課長)


(2024年3月1日発行)

発行日: 奇数月1日発行
体 裁: B5判 本文90頁程度


 

『産業医学ジャーナル』は、J-STAGE にて無料公開となりました!

2023年5月発行の46巻3号から電子ジャーナル発行システム「J-STAGE」に登載、無料で公開しています。

J-STAGE_logo_A3.png https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ohpfjrnl/-char/ja

【雑誌販売終了のお知らせ】
J-STAGEでの公開開始に伴い、雑誌としての出版・販売は2023年3月発行の46巻2号をもって終了しました。
バックナンバー掲載記事のJ-STAGE登載については時期未定です。


目次: 3月号(Vol.47 No.2 通巻273号)

≪ 座談会 ≫

職場における化学物質対策を展望する -令和6年4月1日全面施行を前に-

 相澤 好治(北里大学 名誉教授)(司会)

 大前 和幸(慶應義塾大学 名誉教授)

 土肥誠太郎(株式会社MOANA 土肥産業医事務所 代表)

 斉藤 政彦(大同特殊鋼株式会社 統括産業医)

 橋本 晴男(橋本安全衛生コンサルタントオフィス 所長)

 松岡 輝昌(厚生労働省労働基準局安全衛生部 労働衛生課長)


≪ 講座 リスクマネジメントと産業保健 14 ≫

産業保健活動における「法的なリスク」

 小島 健一(鳥飼総合法律事務所)

[Column 14] 心理的安全性

 東 敏昭(一般財団法人西日本産業衛生会/産業医科大学 名誉教授)


≪ 産業保健国内関連ニュース ≫

日本産業保健法学会 第3回学術大会 開催報告

 梶原 隆芳(株式会社梶原産業医事務所)ほか

第62回日本労働衛生工学会・第44回日本作業環境測定協会学術大会 開催報告

 齊藤 宏之(日本労働衛生工学会)

第82回全国産業安全衛生大会 2023 in 名古屋 開催される

 中央労働災害防止協会


≪ 産業保健国際関連ニュース ≫

産業医科大学国際シンポジウム2023 報告

 田中 良哉(産業医科大学国際センター/産業医科大学医学部第1内科学講座 教授)

The 23rd Asian Congress on Occupational Health 参加報告

 漆葉 美佳(産業医科大学医学部医学科)ほか


≪ 医師会だより ≫

三重県医師会における産業保健活動について

 田中 孝幸(三重県医師会 産業保健担当 副会長)


≪ 産業医に役立つ最新の研究報告 ≫

経営学の知見を産業保健に生かす視点

 北居 明(甲南大学経営学部経営学科 教授)


≪ 産業医実務に生かせる提言 睡眠をめぐる近年の知見と職域での対応 4 ≫

夜勤・交替勤務の健康管理

 丸山 崇(産業医科大学医学部第一生理学 准教授)ほか


≪ 論壇 ≫

産業保健と疫学研究

 林 朝茂(大阪公立大学大学院医学研究科産業医学 教授)


≪ 産業医の声 ≫

喫煙対策を通して生活習慣病対策を思う

 平山 良克(株式会社平山産業医事務所)


≪ 産業医倶楽部 産業保健サービスとその評価に関する研究に携わって 6 ≫

身体活動増進対策

 武藤 孝司(獨協医科大学 名誉教授)


≪ 国内外の産業医学に関する文献紹介 ≫

日本におけるアルコール・薬物使用症: 近年の動向と対応

 堤 史織(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科)ほか


≪ お知らせ ≫

開催報告:産業医科大学「令和5年度産業医学基本講座(東京開催)」
―産業医学基本講座(東京開催)を受講して―

 尭天 桂子(救急医)

ほか


次号予告: 5月号(Vol.47 No.3 通巻274号)

≪ 特集 「リスクアセスメント対象物健康診断に関するガイドライン」をめぐって ≫


1.リスクアセスメント対象物健康診断の概要について

   厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課

2.リスクアセスメント対象物健診における産業医の役割

   山本 健也(独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所)

3.リスクアセスメント対象物健診の健診項目

   宮本 俊明(公益社団法人日本産業衛生学会 産業医部会)

4.リスクアセスメント対象物健康診断の実施に向けた健診機関の取組み

   亀澤 典子(公益社団法人全国労働衛生団体連合会)

5.リスクアセスメント対象物健診をめぐる法的課題

   石﨑 由希子(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院)


(2024年 5月発行予定)


『産業医学ジャーナル』への投稿について

『産業医学ジャーナル』では、論文や事例報告等の投稿を随時受け付けています。投稿料・掲載料等はいただいておりません。詳しくは投稿規程をご覧ください。積極的な投稿をお待ちしています。