産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ

産業医学ジャーナル

ジャーナル '22 45-3(通巻262号)

【 5月号 特集 】
職域での若年性認知症への対応
1.若年性認知症の病態と職場での気づきと対応  足立 弘明
2.若年性認知症と診断された従業員の就労継続に関わる現状と課題  表 志津子
3.職域で産業医が若年性認知症にどう関わるか,何ができるか  牧 徳彦
4.若年性認知症当事者への支援としての社会資源の活用  来島 みのり
5.職域における若年性認知症への合理的配慮 ─「工夫することは生きること」─  小島 健一
6.若年性認知症者支援のための国の施策と「若年性認知症における治療と仕事の両立に関する手引き」について  厚生労働省 老健局 認知症施策・地域介護推進課
(本号情報:令和4年5月1日発行/B5判/110頁)

発行日: 隔月奇数月の1日発行
体 裁: B5判横組2段 本文90頁程度
定 価: 1部 1,300円(消費税・送料含む)
定期購読(年6冊) 7,200円(消費税・送料含む)
月号を一部購読
 

5月号(Vol.45 No.3 通巻262号)目次

≪ 巻頭言 ≫
産業保健活動の重要性と働き方改革  二井 栄

≪ 特集 ≫
職域での若年性認知症への対応
1.若年性認知症の病態と職場での気づきと対応  足立 弘明
2.若年性認知症と診断された従業員の就労継続に関わる現状と課題  表 志津子
3.職域で産業医が若年性認知症にどう関わるか,何ができるか  牧 徳彦
4.若年性認知症当事者への支援としての社会資源の活用  来島 みのり
5.職域における若年性認知症への合理的配慮 ─「工夫することは生きること」─  小島 健一
6.若年性認知症者支援のための国の施策と「若年性認知症における治療と仕事の両立に関する手引き」について  厚生労働省 老健局 認知症施策・地域介護推進課

≪ 連載 ≫
職域で新型コロナウイルスに向き合う
21 中小企業を対象とした新型コロナワクチン職域接種の試み(1) 嘱託産業医と地域医療機関と一般社団法人との協働による,職域新型コロナワクチン合同接種事業の企画開催の報告  松井 康絵
22 中小企業を対象とした新型コロナワクチン職域接種の試み(2) 職域接種の実施主体となって見つめ直す産業医活動  絹川 千尋

≪ 講座 ≫
リスクマネジメントと産業保健 3
安全衛生リスクマネジメント (1) ハザード  野見山 哲生
Column (3) 歴史に学ぶ安全文化・思想 (1)  東 敏昭

≪ 産業保健国内関連ニュース ≫
第31回日本産業衛生学会全国協議会:開催のご報告  笽島 茂 ほか

≪ 医師会だより ≫
宮城県医師会における産業保健の活動状況  高階 憲之

≪ 産業医に役立つ最新の研究報告 ≫
腰痛予防のためのノーリフティングケア ─高知モデルの検証─  垰田 和史 ほか

≪ 産業医実務に生かせる提言 ≫
職域に生かす呼吸器内科の最新知見 4
職業性喘息と産業衛生  土橋 邦生

≪ 論壇 ≫
新興中毒と再興中毒  柳澤 裕之

≪ 随筆 ≫
多くのご縁に支えられて迎えた2011年の一大事  谷川 武

≪ 産業医の声 ≫
事業所内に健康診断の実施機能を残すべきか  佐久間 卓生

≪ 産業医の声(嘱託産業医のコーナー)≫
公務職場の産業医  大原 賢了

≪ 産業医倶楽部 ≫
産業保健の発展と産業医 14
産業医の仲間たち  大久保 利晃

≪ 国内外の産業医学に関する文献紹介 ≫
カドミウムばく露によるがん発症・死亡リスクに関する疫学調査  諏訪園 靖 ほか


次号予告 7月号(Vol.45 No.4 通巻263号)

≪ 座談会 ≫
職場における化学物質対策を展望する(前編)
相澤 好治(北里大学名誉教授)
大前 和幸(慶應義塾大学名誉教授)
土肥誠太郎(三井化学株式会社 本社健康管理室長・統括産業医)
橋本 晴男(橋本安全衛生コンサルタントオフィス所長)
樋口 政純(厚生労働省労働基準局安全衛生部計画課調査官)
山田 誠二(山田誠二産業保健センター所長)


『産業医学ジャーナル』への投稿について

本誌では、広く投稿を受け付けています。産業医および産業医学関係の方々の積極的な投稿を期待します。詳しくは下記リンク先PDFをご参照ください。

産業医学ジャーナル投稿規定_R30525改訂.pdf