産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ データバンク

産業医学ジャーナル

ジャーナル '21 44-2(通巻255号)

【 3 月 号 特 集 】

化学物質の許容濃度 その意味,決め方から活用まで
1 はじめに -本特集にあたって  土肥 誠太郎
2 総論 化学物質管理と許容濃度  櫻井 治彦
3 許容濃度はどのような意味を持つか  野見山 哲生
4 許容濃度はどのように決めるのか  上島 通浩
5 許容濃度を現場でどう活かすか  橋本 晴男


(本号情報:令和3年3月1日発行/B5判/103頁)

発行日: 隔月奇数月の1日発行
体 裁: B5判横組2段 本文90 頁程度
購読料: 年間定期購読料  7,200円(消費税・送 料含む)
1部定価 1,300円(消費税・送料含む)
月号より年間購読
月号を一部購読
 

3月号(Vol.44 No.2 通巻255号)目次

巻 頭 言 ≫
コロナ禍の中での産業保健  松村 誠

≪ 特 集 ≫
化学物質の許容濃度 その意味,決め方から活用まで
1 はじめに -本特集にあたって  土肥 誠太郎
2 総論 化学物質管理と許容濃度  櫻井 治彦
3 許容濃度はどのような意味を持つか  野見山 哲生
4 許容濃度はどのように決めるのか  上島 通浩
5 許容濃度を現場でどう活かすか  橋本 晴男

≪ 連 載 ≫
職域で新型コロナウイルスに向き合う
⑥ 新型コロナウイルス感染症の労務問題  淀川 亮ほか
⑦ 新型コロナウイルス感染症と心理ストレス  小山 文彦

≪ 講 座 1 ≫
産業保健と法 27
休復職と法 ~一律的な判断基準に代わるもの~⑿  三柴 丈典

≪ 講 座 2 ≫
作業環境測定の基礎と現場での活用 10
リスクアセスメントと作業環境測定  保利 一

≪ 講 座 3 ≫
産業医に求められる統括機能 8
株式会社リコーの産業衛生グループ統括機能  森田 哲也

≪ 行 政 の 窓 ≫
・変異原性が認められた化学物質の取扱いについて(令和2年12月7日基発1207第2号)
・変異原性が認められた化学物質に関する情報について(令和2年12月7日基安化発1207第2号)
・医師の働き方改革の推進に関する検討会 中間とりまとめの公表について(令和2年12月22日)
・膀胱がんとMOCAのばく露に関する医学的知見を公表します~労災請求を受け,疫学調査結果などを分析・検討した報告書を取りまとめました~(令和2年12月22日)
・定期健康診断等及び特定健康診査等の実施に関する協力依頼について(令和2年12月23日基発1223第6号)
・定期健康診断等における血糖検査の取扱いについて(令和2年12月23日基発1223第7号)
・インターネット等を介したeラーニング等により行われる労働安全衛生法に基づく安全衛生教育等の実施について(令和3年1月25日基安安発0125第2号・基安労発0125第1号・基安化発0125第1号)
・特定化学物質障害予防規則における第2類物質「溶接ヒューム」に係る関係省令等の解釈等について(令和3年1月15日基安化発0115第1号)
・特定化学物質障害予防規則及び作業環境測定法施行規則の一部を改正する省令及び厚生労働省の所管する法令の規定に基づく民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する省令の一部を改正する省令の施行等について(令和3年1月26日基発0126第2号)


≪ 産業保健国内関連ニュース

・第36回日本ストレス学会学術総会 開催報告  井上 彰臣ほか
・第30回日本産業衛生学会全国協議会 開催報告  小田原 努ほか

医師会だより ≫
和歌山県医師会における産業保健活動  榎本 多津子

≪産業医に役立つ最新の研究報告≫
テレワークの健康影響  永田 智久


≪ 産業医実務に生かせる提言 ≫
職域に生かすリハビリテーションの最新知識 6
高年齢労働者の体力向上ー労働災害予防の観点からー  松垣 竜太郎ほか

≪ 論 壇 ≫
新型コロナウイルス感染症により増加した在宅ワークの労働衛生  里村 一成

≪ 随 筆 ≫
「三方よし」のメンタルヘルス対策から  田中 和秀

≪ 産業医の声 ≫
顔が見える付き合いの積み重ね~産業医の立ち位置と役割を考える  横川 智子

≪ 産業医倶楽部 ≫
産業保健の発展と産業医 7
これからの労働  大久保 利晃

≪ 文献紹介 ≫
産業医学における酸化的DNA損傷のバイオマーカー  李 云善

≪ お 知 ら せ ≫
・「令和元年度 石綿による疾病に関する労災保険給付などの請求・決定状況まとめ(確定値)」を公表します
・「これからのテレワークでの働き方に関する検討会報告書」を公表します
・「テレワーク相談センター」の機能充実を図ります~緊急事態宣言を受け,相談対応時間の延長,オンラインコンサルティングの実施~


・『産業医学レビュー』J-STAGEにて無償公開を開始しました
・産業医科大学「令和3年度産業医学基本講座」(東京開催)受講生募集


次号予告 5月号(Vol.44 No.3 通巻256号)

特 集
最近の特化則・有機則等の法令改正をめぐって
1.改正の概要  圓藤 吟史
2.作業条件の簡易な調査ー特殊健康診断における問診の重要性ー  山田 誠二
3.溶接ヒュームの特化則への追加
 (1)溶接ヒュームによる健康障害  大前 和幸
 (2)金属アーク溶接等作業に伴う個人ばく露測定,換気,保護具の使用  田中 茂
4.作業主任者の養成と課題  厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課