産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ データバンク

産業医学ジャーナル

ジャーナル '19 42-2(通巻243号)

【 3 月 号 特 集 】
産業医学分野における論文をどう書き,どう読むか
1 産業医学分野における論文の書き方:学会発表から論文化を目指す!  野村 恭子
2 産業医学分野の論文をどう読みどう生かすか 川田 智之
3 論文を読み・書くために押さえておきたい基礎  山口 直人
4 現場での実践から論文化するためのコツ 西浦 千尋

(本号情報:平成31年3月1日発行/B5判/134頁)


発行日: 隔月奇数月の1日発行
体 裁: B5判横組2段 本文90 頁程度
購読料: 年間定期購読料  7,200円(消費税・送 料含む)
1部定価 1,300円(消費税・送料含む)
月号より年間購読
月号を一部購読
 

3月号(Vol.42 No.2 通巻243号)目次

巻 頭 言 ≫
産業保健活動に期待される役割  玉城研太朗


≪ 特 集 ≫
産業医学分野における論文をどう書き,どう読むか
1 産業医学分野における論文の書き方:学会発表から論文化を目指す!  野村 恭子
2 産業医学分野の論文をどう読みどう生かすか 川田 智之
3 論文を読み・書くために押さえておきたい基礎  山口 直人
4 現場での実践から論文化するためのコツ 西浦 千尋


≪ 講 座 ≫
産業保健と法15
海外勤務に内在する過重な疲労・ストレス要因に関する裁判例の示唆(2)  三柴 丈典


≪ 行 政 の 窓 ≫
・変異原性が認められた化学物質の取扱いについて(平成30125日基発12054号)
・労働安全衛生法第57条の43項の規定に基づき新規化学物質の名称を公表する件(平成301227日)
・労働安全衛生規則第95条の6の規定に基づき厚生労働大臣が定める物等の一部を改正する件の適用について(平成301228日基発12284号)
・有害物ばく露作業報告制度の周知徹底について(平成301228日基発12282号)
・「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します(平成30127日)
・「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」の報告書を公表します(平成301221日)
・働き方改革関連
・「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」バージョンアッププログラム(Ver.3.1)を公開(平成31131日)


≪ 産 業 保 健 国 内 関 連 ニ ュ ー ス ≫
77回全国産業安全衛生大会2018 in 横浜 開催される 中央労働災害防止協会
・第39回作業環境測定研究発表会・第58回日本労働衛生工学会(11/1416富山) (公社)日本作業環境測定協会
55


≪ 産 業 保 健 国 際 関 連 ニ ュ ー ス ≫
1 st Conference of Asia Pacific Academy for Psychosocial Factors at Work(第1回アジア太平洋地区 職場の心理社会的要因に関する学術会議)の報告 頓所つく実ほか


≪ 医 師 会 だ よ り ≫
東京都医師会における産業保健活動 天木 聡

≪ 投 稿 論 文 ≫
アジア圏における職業性ストレスに関する研究の動向:海外文献レビュー Literature Review of Occupational stress in Asia 浦川加代子ほか


≪ 産 業 医 に 役 立 つ 最 新 の 研 究 報 告 ≫
治療と仕事の両立支援に関する研究─難病患者の両立支援を中心に─ 江口 尚

産 業 医 実 務 に 生 か せ る 提 言 ≫
職域に生かす産科・婦人科の最新知見 2

月経随伴症状─月経困難症と月経前症候群─  加藤 賢朗

論 壇
働き方改革における産業保健総合支援センターの役割 渡辺 哲


随 筆
オーストラリアの現実 高橋 謙


≪ 産 業 医 の 声 ≫
もし自分が経営者なら,産業医を雇いたいか? 中村 佐紀


≪産業医の声(嘱託産業医のコーナー)≫
関係者の納得を引き出すために


≪ 産 業 医 倶 楽 部 ≫
国際共通課題と産業保健 8

産業保健サービスの向上(4)
産業保健サービスのチームづくりの重要性 小木 和孝

献 紹 介 ≫
長期・低濃度の重金属曝露と心血管疾患・代謝性疾患 石橋 由基ほか


≪ お 知 ら せ ≫
産業医科大学 産業医学基本講座を東京で開催!
産業医科大学基本講座東京開催を受講して 竹下 溪
産業医学基本講座(東京会場)2018年度受講体験記 大多和威行



次号予告 5月号(Vol.42 No.3 通巻244号)

特 集 ≫
産業医の助言・指導・勧告をめぐって
1.総 論  土肥 誠太郎
2.法改正の趣旨、内容について  厚生労働省労働基準局労働安全衛生部労働衛生課
3.日本産業衛生学会、政策法制度委員会の立場から  森口 次郎
4
法律家の立場から  三柴 丈典
5.「産業医の事業所に対する助言、指導、勧告に関する実態調査報告書」から
 一瀬 豊日