1. 基本原則
    1. 利用目的の明示及び目的外使用の禁止  皆様から個人情報をご提供いただく場合には、あらかじめその目的を明らかにし、その目的の範囲内で利用させていただきます。同意を得ないで皆様の個人情報を目的以外に利用することはいたしません。
    2. 皆様の個人情報の第三者への非開示・非提供   皆様からご提供いただいた個人情報は、下記の場合を除いて第三者に開示又は提供いたしません。開示又は提供する場合であってもその情報は必要最少限度のものといたします。
      • ・個人情報提供者の同意がある場合
      • ・各種情報の発送等の業務を、あらかじめ当財団の基本方針を十分理解した上で守秘義務契約を締結した外部業者に委託する場合
      • ・法令の根拠に基づき官公庁等から請求された場合
  2. 個人情報の厳重かつ適正な管理
    1. 皆様の個人情報は厳重かつ適正に管理いたします。このため、個人情報の漏えい、滅失又はき損等を防止するため厳重なセキュリティ対策を実施いたします。
    2. 皆様からご提供いただきました個人情報の重要性を認識し、当財団役職員に対し、安全管理が図られるよう必要かつ適切な教育をいたします。また、委託先事業者及び労働者派遣業者に対し秘密保持等必要な措置を講じます。
    3. 皆様の個人情報の保護を一層徹底するために、又は関係法令の変更に伴い、この基本方針を改定することがあります。
  3. 個人情報に関するお問い合わせ等について
    当財団が保有する皆様ご自身の個人情報について、その利用目的又は情報の内容について確認したい場合は、当財団総務課にお問い合わせください。
    皆様から、保有個人データについての「利用目的の通知」、「開示」、「内容の訂正等」、「利用の停止等」、「第三者への提供停止」の請求があった場合は、速やかに対処いたします。
    なお、具体的には、「保有個人データの開示等請求手続きのご案内」の手続きをとっていただくようお願いいたします。 これらの場合、第三者への皆様の個人情報の漏えいを防止するため、当該問い合わせが個人情報提供者ご本人によるものであることを確認させていただきます。