【終了しました】令和3年度 産業医学専門講習会(大阪会場)

受付は終了しました

※先着順ではなく、更新期限が迫った認定産業医を優先(有効期限が早い順)とさせていただきます。

下記10.の留意事項にご同意いただいた上でお申し込みください。


1. 日 程

令和3年9月18日(土)~20日(月・祝)の3日間

2. 会 場 大阪市立大学医学部(大阪市阿倍野区旭町1-4-3)アクセスマップはこちら
※駐車場の用意はございませんので公共交通機関をご利用ください。
3. 主 催

(公財)産業医学振興財団
(共催)大阪府医師会・大阪市立大学医学部医師会

4. 受講料 60,000円
5. 対象者

日本医師会認定産業医等
※更新期限が迫っている認定産業医を優先(認定証有効期限が早い順)

6. 定 員 123名 
7. 取得単位 生涯研修20単位(更新2単位・実地4.5単位・専門13.5単位)(申請中)
※基礎研修の単位は取得できません。
8. 申込方法

「10.留意事項」にご同意いただいた上、下記のいずれかの方法でお申込みください。

(1)インターネットからお申込み→ 当ページの「お申し込み」ボタンからお申し込みください。お申し込み後、確認メールが自動配信されます(メールアドレスの誤入力や受信設定により届かない場合がありますのでご注意ください)。
(2)FAXにてお申込み→ 専用申込書
にご記入の上、FAX:03-5209-1020にお送りください。

9.申込期間

令和3年6月15日(火)10時から7月5日(月)17時まで
※ 先着順ではありません。
※ 上記期間外の申込は無効となります。

10.留意事項
  1. 更新期限が迫っている認定産業医優先(認定証有効期限が早い順)とさせていただきます(有効期限が同年同月の場合の順位は、主催者による抽選により決定)。
  2. 受講可否については、受講可能となった方にのみ、受講料案内の発送をもってお知らせ致します(申込期間終了後1週間を目途)。
    ※受講不可となった方への通知はありません。
  3. 受講可否の結果等に関するご意見、ご要望は、一切お受け出来ません。
  4. 指定期日までに受講料のお振込みがない場合は、キャンセル扱いとなります。
  5. 受講料振込後の返金はいたしません(新型コロナウイルス感染またはその疑いのある場合を除く)。
  6. 認定証有効期限について虚偽の申告があった場合、今後受講をお断りすることがあります。
    産業医手帳をご確認の上、お間違えのないように入力してください。
  7. 認定証有効期限を既に経過している方は、更新の可否をご確認のうえお申込みください。
  8. 講義室内は飲食禁止のため、昼食は会場近隣の飲食店等をご利用願います。
  9. 講義中のPC、スマホ、タブレット等の使用は、他の受講者の迷惑となりますので、ご遠慮願います。
  10. 他の受講生に迷惑をかける行為等があった場合、退席をお願いする場合があります。
  11. 天災、新型コロナウイルス感染拡大等の事情により講習会を実施できない場合があります(その場合受講料は返金します)。
  12. 「産業医学専門講習会ご参加にあたっての注意事項(新型コロナウイルス感染症拡大防止関連等)」に同意いただく必要があります。

11.カリキュラム  ※実地研修では、A~Cの3組に分かれて研修を行います。

【令和3年9月18日(土)】  (取得単位:7.0単位(専門4.5単位、 更新1.0単位、 実地1.5単位))

時 間

内 容

講 師

単 位

9:10~ 9:20

オリエンテーション

   

9:20~10:50

産業医が行う労働衛生・健康教育の技法

柴田 喜幸

専門1.5

11:00~12:30

過重労働対策の進め方

堀江 正知

専門1.5

13:30~15:00

A・B組 職場における腰痛と対策のすすめ方

垰田 和史

専門1.5

C組 ケーススタディ メンタルヘルスケア-職場復帰事例-

井上 幸紀
実地1.5

15:10~16:40

C組 職場における腰痛と対策のすすめ方

垰田 和史

専門1.5

A組 ケーススタディ メンタルヘルスケア-職場復帰事例-

井上 幸紀
実地1.5

B組 職場巡視

吉積 宏治

16:50~17:50

最近の労働安全衛生法令の動向

圓藤 吟史

更新1.0

【9月19日(日)】  (取得単位:7.0単位(専門5.5単位、 実地1.5単位))

時 間

内 容

講 師

単 位

9:00~10:00

安全配慮義務と産業医の実務

吉田 肇
専門1.0

10:10~11:10

職場における救急処置

高松 純平

専門1.0

11:20~12:20

高年齢労働者の安全衛生対策の進め方

赤津 順一

専門1.0

13:20~14:50

A・B組 ストレスチェック制度の実践 -職場環境改善を中心に-

水本 正志

専門1.5

C組 職場巡視

吉積 宏治
実地1.5

15:00~16:30

C組 ストレスチェック制度の実践 -職場環境改善を中心に-

水本 正志

専門1.5

A組 職場巡視

吉積 宏治
実地1.5

B組 作業環境測定の実際

河合 俊夫

16:40~17:40

治療と仕事の両立支援

久保田昌詞

専門1.0


【9月20日(月・祝)】  (取得単位:6.0単位(専門3.5単位、 更新1.0単位、 実地1.5単位))

時 間

内 容

講 師

単 位

9:00~10:00

特殊健康診断項目の改正とその進め方

山田 誠二
更新1.0

10:10~11:10

化学物質のリスクアセスメントの進め方

立石清一郎

専門1.0

11:20~12:20

じん肺の健康診断の実務

岸本 卓己

専門1.0

13:20~14:50

C組 職場における感染症対策の進め方

西山 利正

専門1.5

A組 作業環境測定の実際 河合 俊夫
実地1.5

B組 ケーススタディ メンタルヘルスケア-職場復帰事例-

前久保 邦昭

15:00~16:30

A・B組 職場における感染症対策の進め方

西山 利正

専門1.5

C組 作業環境測定の実際

河合 俊夫
実地1.5

 

ご不明な点等は、下記までお問い合わせください。


公益財団法人 産業医学振興財団 企画課
TEL :03-3525-8293
Email: senmon@zsisz.or.jp

受付は終了しました