産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ データバンク

産業医学ジャーナル

ジャーナル '17 40-2(通巻231号)

 3月 号  

働く人の疲労とその対策   松元 俊


(本号情報:平成29年3月1日発行/B5判/90頁)




発行日: 隔月奇数月の1日発行
体 裁: B5判横組2段 本文90 頁程度
購読料: 年間定期購読料  7,200円(消費税・送 料含む)
1部定価 1,300円(消費税・送料含む)
月号より年間購読
月号を一部購読
 

3月号(Vol.40 No.2 通巻231号)目次

 巻 頭 言  
高齢者の定義  金井 忠男

 特 集     
働く人の疲労とその対策  松元 俊

 ルポルタージュ 

ニッパツを訪ねて 土肥誠太郎

 事例報告 

粉じんばく露回避前後の経過を観察しえた超硬合金肺の1例  今野 哲

  講    
産業保健と法 3

職場でのメンタルヘルス情報の取扱いと法⑶  三柴 丈典

 行 政 の 窓 

・変異原性が認められた化学物質の取扱いについて(平成28年12月9日基発1209第8号)

・建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律(平成28年12月16日法律第111号)

・第12次労働災害防止計画の最終年度に向けた第三次産業における労働災害防止対策の 推進について(平成28年12月19日基安発1219第1号)

・リスク評価結果に基づく労働者の健康障害防止対策の徹底について(平成28年12月20 日基安発1220第1号)

・有害物ばく露作業報告対象物(平成29年対象・平成30年報告)について(平成28年12 月22日基安発1222第1号)

・労働安全衛生規則第95条の6の規定に基づき厚生労働大臣が定める物等の一部を改正 する件の適用について(平成28年12月22日基発1222第1号)

・労働安全衛生法第57条の4第1項に規定する新規化学物質について(平成28年12月27 日厚生労働省告示第416号)

・化学防護手袋の選択,使用等について(基発0112第6号平成29年1月12日)

・「特定化学物質障害予防規則の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申(平成29年1 月26日)

・膀胱がんとオルト-トルイジンのばく露に関する医学的知見を公表します(平成28年12月21日)

・特定化学物質障害予防規則の規定に基づく厚生労働大臣が定める性能等の一部を改正 する告示(平成28年11月30日厚生労働省告示第403号)

・特定化学物質障害予防規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令(平成28年11 月30日厚生労働省令第172号)

産業保健国内関連ニュース

・第37回作業環境測定研究発表会・第56回日本労働衛生工学会の報告

・第24回日本産業ストレス学会開催報告(公社)日本作業環境測定協会 小山 文彦

 産業医に役立つ最新の研究報告 
産業保健と動脈硬化予防 若林 一郎

 産業医実務に生かせる提言 
職域に生かす皮膚科の最新知見 Ⅲ

有害生物及びそれによる皮膚障害  庄司 昭伸

 論  壇 
農業従事者の労働災害予防  黒田 嘉紀

 随  筆 
思春期やせ症から職場の摂食障害まで 切池 信夫

 産 業 医 の 声 
15年を振り返って感じたこと 村上 朋絵

 産 業 医 倶 楽 部 
大学からの労働衛生管見⑻

ノルマルヘキサン中毒の研究⑵  竹内 康浩

 文 献 紹 介 
職業性皮膚疾患とアトピー性皮膚炎の関係とその分子基盤  吉岡 亘ほか

 お 知 ら せ 
・労働者健康安全機構主催「復職(両立支援)コーディネーター研修」の概要 小山 文彦

・一酸化炭素中毒による労働災害の発生状況等について(平成28年12月6日基安化発1206第1号)

・「平成27年度石綿による疾病に関する労災保険給付などの請求・決定状況まとめ(確定 値)」を公表します(平成28年12月20日)

・平成28年度「自殺対策強化月間」における啓発活動の推進について(平成29年1月19日)

・平成29年度産業保健実践講習会開催のご案内

・「平成29年度産業医学基本講座」受講生募集/84 ・「平成29年度産業医学分野別講座」受講のご案内

・第90回日本産業衛生学会のご案内

・第24回日本産業精神保健学会のご案内(第二報)

・第25回日本産業ストレス学会(第2報)


次号予告 5月号(Vol.40 No.3 通巻232号)

  集 
産業医制度の在り方検討会での議論と展望

(1)検討会開催の背景と報告書の内容  

            厚生労働省監修

(2)検討会での議論を踏まえた展望  

            大阪市立大学法学部 教授 圓藤 吟史