産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ データバンク

産業医学図書

new How to 産業保健No,10職場における感染症対策

How to 産業保健No,10職場における感染症対策

東京医科大学病院 渡航者医療センター 濱田 篤郎 編著
平成28年9月20日 発行
B5判/111頁/本文2色刷

定 価:1,944円(消費税込)
送 料:  350円

 

内 容:

*職域での主な感染症の「予防に必要なこと」、「発生時対応」、「事後対応」を解説!

*チャート・図表・写真のほか、コラムや各種情報収集先(有用サイト情報等)も多数明示!


はじめに

Ⅰ 総論

職場の感染症対策をめぐって【濱田 篤郎】
1 感染症の病原体
2 感染症発生のメカニズム
3 感染予防対策の原則
4 職場の感染症対策の目的

( 1 )医学的な目的

( 2 )経営的な目的

5 職場の感染症対策に必要な法的な知識

( 1 ) 労働安全衛生法

( 2 )感染症法

( 3 )労災補償関連の法律

6 職場感染症対策の具体的な方法

( 1 )季節的な感染症対策

( 2 )慢性的な感染症対策

( 3 )海外派遣者の感染症対策

( 4 )大規模な感染症流行時の対策


Ⅱ 職場における感染症対策
1 国内の職場において注意すべき感染症と対策
1 季節性インフルエンザ、食中毒、麻疹など【福島 慎二】
1 季節性インフルエンザ
1. 季節性インフルエンザの概要
① インフルエンザウイルスの特徴 / ② 季節性インフルエンザの感染経路 /③ 季節性インフルエンザの症状・診断・治療
2. 発生時対応、事後対応のポイント
3. 予防のためのポイント
【 もっと知りたい! 】
2 食中毒
1. 腸管出血性大腸菌
① 腸管出血性大腸菌の概要 / ② 職場での対策のポイント / ③ 予防のために必要なこと
2. カンピロバクター
① カンピロバクターの概要 / ② 職場での対策のポイント
【 もっと知りたい! 】 
〈 ワン・ポイント 〉 食品の衛生管理 / HACCPとは
3. ノロウイルス
① ノロウイルスの概要 / ② 職場での対策のポイント
【 もっと知りたい! 】 
3 麻 疹
1. 麻疹の概要
① 麻疹ウイルスの特徴 / ② 感染経路 / ③ 麻疹の症状・検査・治療
2. 発生時対応、事後対応のポイント
3. 予防のために必要なこと
【 もっと知りたい! 】 

2 結 核 【奥沢 英一】
1 結核の概要
1. 結核の発生状況
① 世界の状況 / ② 日本の状況
2. 結核の病態
3. 結核の診断
① 感染エピソード / ② 症 状 / ③ 結核菌の検出 / ④ 結核菌に対する免疫
4. 結核の治療
2 事後対応のポイント
1. 結核の集団感染
2. 結核発見のきっかけ
3. 接触者の追跡調査
3 予防のために必要なこと
1. 感染源対策
2. 侵入門戸対策
3. 感受性対策
〈 ワン・ポイント 〉 米国におけるツ反の意味 / 抗結核薬服用を指示されたら / 入学審査書類の結核検査

3 新型インフルエンザ
鈴木 英孝】
1 新型インフルエンザの概要
2 発生時対応、事後対応のポイント
1. 健康状態のモニタリング
2. 感染者・接触者への対応
3. 職場入場時のスクリーニング

4. 個人の衛生管理
5. 職場の消毒
6. 他人との接触機会を減らす
3 予防のために必要なこと
〈 ワン・ポイント 〉 事業継続計画 / 抗インフルエンザウイルス薬の取り扱い


4 ウイルス性肝炎【四柳 宏】
1 ウイルス性肝炎の概要
1." 経口感染する"ウイルスによる肝炎は慢性化しないが、"経口感染しない"ウイルスによる
肝炎は慢性化する場合がある
2. 急性肝炎は無症状なものから肝不全を合併するものまで症状は様々である
3. 慢性肝炎が持続すると肝硬変・肝細胞癌を合併する場合がある
4. ウイルス性肝炎の流行が職場でおきる可能性は極めて低い
2 発生時対応、事後対応のポイント
1. ウイルス性肝炎であることの確認
2. 慢性肝炎患者への対応
3 予防のために必要なこと
〈 ワン・ポイント 〉 A型肝炎ワクチン / HBs抗原とHBs抗体

5 HIV感染症 【鎌倉 光宏】
1 HIV感染症の現状
2 職場におけるエイズ対策の基本的な考え方
1. 就職希望者に対して
2. 就業者に対して
3 ガイドラインについて
4 エイズ対策の具体的な進め方
1. 基本方針
2. 具体的施策

2 留意すべき労働者別の感染症対策
1 海外勤務者の感染症対策【 宮城 啓】
はじめに
1 海外渡航、海外進出に関する統計
1. 海外渡航者数
2. 海外在留邦人数
3. 海外の日系企業数推移
2 海外赴任・出張の準備
1. 健康診断
2. 企業内での派遣前研修
① 予防接種の推奨 / ② 現地の医療情報の提供 / ③ 慢性疾患の内服薬の持参 /
④ 英文の診療情報提供書の作成依頼 / ⑤ 医療アシスタンス会社、海外旅行傷害保険会社との契約
3 海外出張・赴任に必要な主なワクチン
1. A型肝炎ワクチン
2. B型肝炎ワクチン
3. 破傷風トキソイドまたはTdap
4. 日本脳炎ワクチン
5. 狂犬病ワクチン
6. 腸チフスワクチン
7. 髄膜炎菌ワクチン
8. 黄熱ワクチン
4 写真で見る海外の医療事情
おわりに

2 外国人労働者の感染症対策
吉川 徹】
はじめに
1 外国人労働者の実態と健康課題
1. 日本における外国人労働者の実態
2. 外国人労働者の就労環境の課題
① 労働安全衛生管理体制 / ② 保健システムの課題、法制度の整備と安定就労の課題
3. 外国人労働者の健康課題
2 外国人労働者の感染症対策
1. 移民と健康スクリーニング
2. 特に対応が必要な感染症
① 結 核 / ② HIV/AIDS
3. 産業保健サービスの充実
4. 外国人労働者のコミュニティや支援NGO等との連携
おわりに

3 医療従事者の感染症対策【 小森 友貴】
はじめに
1 標準予防策と感染経路別予防策
1. 標準予防策(standard precautions)
2. 感染経路別予防策
【 もっと知りたい! 】
2 針刺し、体液曝露対策
1. 概 要
2. 発生時対応、事後対応のポイント
① 応急処置 / ② その後の対応 / ③ 各感染症に対する対応
3. 予防のために必要なこと
① 針刺し防止対策 / ② 粘膜曝露予防策
【 もっと知りたい! 】 
3 医療従事者に必要な予防接種
1. 概 要
2. 各ワクチンについて
3. 接種間隔と妊婦接種について
① 接種間隔 / ② 妊婦へのワクチン接種
【 もっと知りたい! 】 
4 結核対策
1. 概 要
2. 発生時対応、事後対応のポイント
① 感染症法に基づく患者発生届け出 / ②接触者健診
3. 予防のために必要なこと
① 院内感染対策委員会等における結核対策 / ② 職員の健康管理 / ③ 職員の感染防止
【 もっと知りたい! 】
5 インフルエンザ対策
1. 概 要
2. 発生時対応、事後対応のポイント
3. 予防のために必要なこと
【 もっと知りたい! 】
6 ノロウイルス対策
1. 概 要
2. 発生時対応、事後対応のポイント
① 職員が感染した場合の対応 / ② 汚染処理について
3. 予防のために必要なこと
① 調理従事者への対応 / ② 医療スタッフへの対応
【 もっと知りたい! 】

4 特殊な職場での感染症対策(レプトスピラ症、レジオネラ症など)
鈴木 英孝】
1 当該感染症の概要
1. レプトスピラ
2. レジオネラ
2 発生時対応、事後対応のポイント
1. レプトスピラ
2. レジオネラ
3 予防のために必要なこと
1. レプトスピラ
2. レジオネラ
① 循環浴槽における対策 / ② 循環型冷却塔
〈 ワン・ポイント 〉 レジオネラの飛散距離と感染

職場でのワクチン接種【 福島 慎二】
1 一般に推奨されるワクチン
1. インフルエンザワクチン
2. 肺炎球菌ワクチン
3. 麻しん・風しんワクチン
【 もっと知りたい! 】 
2 医療従事者に推奨されるワクチン
対象となるワクチン
【 もっと知りたい! 】
3 海外勤務者に推奨されるワクチン
1. 対象となるワクチン(トラベラーズワクチン)
2. トラベラーズワクチン各論
① 黄熱ワクチン / ② A型肝炎ワクチン / ③ B型肝炎ワクチン / ④ 破傷風トキソイド /
⑤ 狂犬病ワクチン / ⑥ 日本脳炎ワクチン / ⑦ ポリオワクチン / ⑧ 髄膜炎菌ワクチン /
⑨ 腸チフスワクチン / ⑩ コレラワクチン / ⑪ ダニ媒介性脳炎
〈 ワン・ポイント 〉 海外勤務者に帯同する小児への予防接種
【 もっと知りたい! 】