産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ データバンク

産業医学図書

インタビュー 戦後の労働衛生活動を顧みて

インタビュー 戦後の労働衛生活動を顧みて

平成26年2月28日 発行

A5判/79頁/本文1色刷

頒 価:300円(消費税込)
送 料:  100円※
※メール便で送付します。(本書4冊まで100円、5冊以上送料サービス。)

※他の書籍と同時注文の場合は宅配便料金となります。

 

医師会、厚生労働行政、産保センターの立ち上げ、大学・学会での研究・教育・研修活動...わが国労働衛生界の重鎮が戦後60年余の活動を語る!

内 容:

本書は髙田 勗先生(北里大学名誉教授)にインタビュー形式で、戦後の労働衛生活動を顧みてお話しいただいた内容を「産業医学ジャーナル」に6回(2012年36-1号~2013年36-6号)にわたり連載した記事を、取りまとめたものです。
戦後の労働衛生活動について、レントゲンを担いでじん肺検診で各地を回って以来、産業医制度の確立等産業医学の歴史を、先進との思い出をまじえながら語っていただいた、貴重なインタビュー集です。

目 次:

  1. 戦後(昭和20年代)の労働衛生との関わり
    衛生学の専攻/レントゲンを担いで健診に回る/移住者の健康実態調査で世界を巡る/労働省入省/けい肺・じん肺対策
  2. 北里大学衛生学部、医学部の立ち上げと日本医師会での活動
    行政から大学へ/「医師衛生管理者」から「産業医」へ/労働安全衛生法と産業医/日本医師会 産業保健委員会の発足/日本医師会認定産業医制度の創設/日本医師会環境保健委員会
  3. 産業医学・産業保健の振興に関わって
    産業医学振興財団の設立/「産業医学」のビジョン/中央労働災害防止協会へ/労働衛生の重要課題への取組み1 −石綿、ダイオキシン、過労死など/労働衛生の重要課題への取組み2 −喫煙対策、労働安全衛生マネジメントシステム/健康保持増進対策− SHP からTHP へ
  4. 勤労者医療と産業保健
    労働福祉事業団から労働者健康福祉機構へ/労災病院による勤労者医療の展開/産業保健活動の拠点づくり−産業保健推進センターの設立と展開
  5. 作業環境等の改善とその人材育成
    作業環境測定法の制定と日本作業環境測定協会の設立/作業環境測定を担う人材の育成/オキュペイショナルハイジニスト認定制度の立ち上げ/日本労働安全衛生コンサルタント会の全国組織化/衛生管理者の全国交流を促進−全国衛生管理者協議会の設立
  6. 労働行政施策との関わり
    じん肺法制定に関わる/審議会、委員会、検討会等を通じての取組み/地域産業保健センター、産業保健推進センター事業への関わり/健診の有所見者対策から化学物質対策まで
  7. 学術学会活動への取組み
    日本産業衛生学会との関わり/労働衛生工学会、日本作業環境測定協会との関わり/中央労働災害防止協会労働衛生検査センターとの関わり/日本職業・災害医学会、日本産業精神保健学会、国際職業性呼吸器疾患学術会議
  8. これからの産業医学・産業保健の発展に向けて
    戦後の労働衛生、産業保健をリードした先達の思い出/産業医学、産業保健の今後への期待

略 歴