詳細情報

トナー印字(印刷)における生体影響調査

詳細情報
文字サイズ大 文字サイズ大
発行年:
2013
誌紙名:
産業医学レビュー
巻/号/ページ:26/2/89
所属団体:
産業医科大学
著作者名:
森本 泰夫他
項目:
要約:
トナーの印字(印刷)に伴う生体影響が注目されている。従来は、トナー印字にてエアロ
ゾル自体が発生するのかどうかも不明であったが、近年、印字に伴う室内空気の状況やその生体影響が報告されるようになり、それらを中心に紹介する。 トナーの印字における室内空気では、volatile organic compounds (VOC)だけではなくナノ粒子も発生することが報告された。ただし、ナノ粒子がトナー粒子そのものか、それ以外のものに由来するかは、意見の一致をみていない。高稼働のコピーセンター内で数日間の日中に過ごした健常ボランティアの鼻腔に炎症が起こることが報告れ、トナー印字に伴うエアロゾルは炎症誘発能を有することが示唆された。また、細胞培養試験では、トナー印字は遺伝毒性を有することが報告された。しかしトナー印字の研究に関しては、報告が少なく十分に解明されていない。従って、更なる疫学調査や動物試験等を積極的に展開し、因果関係を明確にしていく必要がある。
キーワード: