詳細情報

新しい動脈硬化指標CAVIの原理と臨床応用

詳細情報
文字サイズ大 文字サイズ大
発行年:
2013
誌紙名:
産業医学レビュー
巻/号/ページ:26/1/31
所属団体:
東邦大学医療センター 血管機能学講座
著作者名:
白井 厚治
項目:
要約:
動脈硬化の診断法として、非侵襲的に初期段階から定量化でき、簡便で反復計測が可能な方法が求められてきた。心臓足首血管指数(cardio ankle vascular index=CAVI)は、大動脈起始部から足首までの動脈を一体とし、その弾性能を測定時血圧に依存せず、計測できる新たな指標である。集積された臨床研究から、動脈硬化性疾患、関連危険因子保有群で高値を示し、また、適切な治療で低下し、動脈硬化性疾患の日常診療においてきわめて有用性の高いことが明らかになった。本法の原理、特性、利用の仕方について概説する。
キーワード: