財団の主たる事業

産業医科大学助成事業

産業医科大学は、産業医、産業保健スタッフの養成と産業医学の振興という国の政策目的により、昭和53年に設立された日本でただ一つの大学です。
医学部と保健学部、大学院、産業生態科学研究所、産業医実務研究センターが設けられています。当財団では、同大学の運営に要する経費を助成しています。
卒業生は、全国各地で産業医や産業保健スタッフとして活躍しています。

修学資金貸与事業

すぐれた産業医、産業保健スタッフを育成し、産業医学の振興と職場における健康確保の充実を図るため、当財団では産業医科大学の学生に対して修学資金を貸与し、その修学を経済的に支援しています。
修学資金制度は産業医科大学の開学と同時に創設され、ほとんどの学生、卒業生が利用しています。

産業医学情報の提供

産業保健関係者に広く産業医学情報の普及、提供を図るため、産業医学定期誌「産業医学ジャーナル」及び「産業医学レビュー」を発行しています。
また、産業医等の職務に関する体系的な知識、最新の情報、産業医活動事例などをテーマごとに編集した産業医学図書を発行しています。
なお、産業医学定期刊行誌の要約等をデータバンクに掲載しています。

産業医学研修事業

産業医研修大綱-産業医学振興財団委託研修事業-」に基づき、産業医の資質向上を目的とする「リフレッシュ研修」、「スキルアップ専門研修」及び「スキルアップ実地研修」を都道府県医師会に委託して実施しています。また、「産業歯科医研修」を日本歯科医師会に委託して実施しています。

講習会実施事業

日本医師会認定産業医制度の生涯研修20単位が一括して取得できる「産業医学専門講習会」を東京と大阪で実施しています。

時代の変化に応じた課題に即応できる実践的な知識・技術を会得できるよう、実地研修を含めた「産業保健実践講習会」を全国の主要都市で実施しています。

産業医学調査研究事業

産業医等が行う調査研究に対する助成として、産業医学に関する調査研究の助成希望者を一般公募・選定し、働く人々の健康確保の充実に向けた研究を促進しています。
また、中小規模事業場の健康管理を推進するため、年度ごとに当財団が設定した調査研究テーマについて、一般公募により研究機関等を募集し実施しています。
調査研究結果は、産業医学定期誌(産業医学ジャーナル)、当HP等により広く情報提供を行っています。